スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
台北へ行ってきました(6)今人気の九份(ジューフェン)へ
100902-3

今日は、台北から北東に約1時間ほどのところにある
今大変人気の観光地九份(ジューフェン)の話を書きます。

古い家並みや軒下の真っ赤な提灯が訪ずれた旅人をちょっと異世界に
導くような九份(ジューフェン)の町の雰囲気に
どこか見たことがあるような気がしませんか?

そう、九份(ジューフェン)は、宮崎駿監督のアニメ映画
「千と千尋の神かくし」の舞台になった所なんです。

100902-2

わずか9世帯しか住んでいなかった人里離れた九份(ジューフェン)の村が、
今から約100年前に、金鉱が発見されたことから、瞬く間にゴールドラッシュに
沸くことになりました。

しかし、金鉱が尽き人が去ってこの町はゴーストタウンのようにすっかり
寂れてしまったのです。
その九份(ジューフェン)が、映画『悲情城市』の舞台となってから、
再び注目を集めることになり、今では、台湾だけでなく中国からも観光客が
訪れる大変な人気の観光地になっています。

もちろん、日本人の観光客も多く訪れます。

100902-1

九份(ジューフェン)は、台北から車で約1時間。
海からそびえたつ厳しい雰囲気の山の中にありました。

私たちは、半日タクシーをチャーターして、提灯が灯る夕暮れを
目指して出かけました。
途中、海が見たいとリクエストしたこともあって、バスでは通らない
ゴールドラッシュで沸いた山間の川の傍を通って、一路、九份(ジューフェン)を
目指して山をどんどん上っていきました。

100902-5

九份(ジューフェン)に、到着すると、まずは、大きなお寺が私たちを
出迎えてくれました。

100902-9

大変立派なお寺です。

100902-6

そびえたつような山肌に沿って町があります。

100902-10

この山間の町は、雨が多く、運転手さんが言うには
「今日のように晴れている日は、10回来て2回ぐらいしかないよ」と、
いうことでした。

100902-4

夕暮れの提灯に灯りがともる頃がみたいと、台北を出発したのは
夕方の4時です。
見て回っているうちに、提灯の明かりが灯り始めました。

100902-7

商店街のお土産屋さんの提灯にも、灯りがともり始めました。
これからがクライマックス、なんて喜んでいるうちに
6時半を過ぎた頃から、商店街が次々にシャッターを下ろし始めたのです。
結局、半分近くお店は閉まったでしょうか。

ゴールドラッシュの頃は、夜になると金採鉱の人たちが飲めや歌えやの
大騒ぎをしたところなのに、、、。

でも、私たち日本人は、「千と千尋の神かくし」で八百万の神様たちが
夕暮れとともにやってくるイメージの方が浸みこんでいて、なんだか、私たちも、
そろそろお暇(いとま)しなければ、、、。
そんな妖気を感じてしまいました。

それから、1軒のお土産店で興味ある置物をいろいろ見つけました。
男の豚の置物や女の豚の置者、龍の木彫りの置物など、いろいろありました。
お店の人が、豚は、「欲」を表すのだと言っていました。
豚の置物は、映画の中の千尋のお父さんお母さんですね。
龍の木彫りの置物は、映画の中の「ハク」ですね。

この店内では、他にも「千と千尋の神かくし」に登場するヒントに
なるような物を見つけました。
このお店、ちょっと不思議な感じのするお店で、こんな小物を売っている
お店は、ここだけのようでした。

宮崎監督がこの町を訪れて「千と千尋の神かくし」の
アニメの構想につながったと思えるようなところを見つけたり、感じたり
しながら楽しく歩き回ってきました。

100902-8

帰り道、振り返ってみたら山の上の方に、九份(ジューフェン)
の町の灯りが見えました。

やっぱり、夜はこれから? そんな気がしてきました。

**********************

九份(ジューフェン)への行き方を書いておきます。

バスが出ています。
以前は、乗り換えをしなければならなかったのですが、
昨年の秋ごろから乗り換えなしの九份(ジューフェン)への
直通バスが出ているようです。

バス乗り場は、そごう百貨店のすぐ傍です。

私たちは直通バスが出ているのを知らなかったので、
タクシーを半日チャーターしました。

後は、旅行社の半日観光のツアーを利用するのもいいと思います。

でも、今は、直通バスが出ているのでバスの方が断然安いので
バスで行かれることをお勧めします。

                               フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2010/09/02 11:53】 | 台北へ行ってきました。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
台北へ行ってきました。(5)龍山寺へ
100825-12

さて、台北観光ですが、一番最初は、まずは、台北の神様にご挨拶を、
という気持ちで、台北一大きなお寺、龍山寺に行きました。

100825-13

龍山寺の門前にも、沢山の人たちがいましたが、
中に入って、さらに、びっくりしました。
境内の中は、お参りの人、人、人で溢れかえっていたのです。

100825-22

皆さん、熱心にお参りしています。

100825-17

灯明を灯すろうそくを買い求め、お供えが台の上にあふれています。

100825-16

私たちも、お供えとお線香を買って、土地の人たちと同じように
お参りをすることにしました。

100825-20

お線香は、袋の中に3本ずつ入っています。

100825-21

こうして、お線香に火を付けます。

100825-19

いろいろな御供えが、入口で売られています。
私たちは、お花にしました。

100825-23

お線香を立てる香炉です。何ヶ所かに置かれています。
1本づつ高炉にお線香を立てました。

100825-14

一番奥にある香呂にお線香を立てたら、本堂の傍まで行ってお願いごとをしました。
奥に見えているのが、本堂です。

100825-18

お願い事をする時には、お寺に入ってすぐの所に置いてある壺(左)の中に入って
いる赤い三日月型の神杯を2個持って、一番奥の本堂の前で御願い事をします。

この三日月型の神杯が裏・表に出たら願い事がかなうといわれています。
表と表、裏と裏が出たら、3回までならやってもいいそうです。

一回で、裏・表が出ました。

願い事は叶う、というお答を頂けましたよ。
嬉しいですね。

さて、今度は、入口に戻って、お札をいただくことにしました。
御札をいただくのは、無料です。

■簡単に、お札の頂き方を書いておきます。

右の壺の棒を1本抜きます。
棒の先に番号が書いてあります。
この番号を覚えておいて、棒は壺の中に戻します。

それから、三日月型の神杯を2個手の中にとって投げます。
裏・表が出たら、この番号のお札を貰います。

3回やっても表・裏が出ない場合は、この番号は自分の番号ではない
ということで、再度、棒を抜いて新しい番号をもらいます。

こうして、いただいた番号が書いてある箱の中から、
お札を自分で取ります。

お札には、日本のおみくじのように、いろいろ書いてあります。
「上上」が出たら、日本の「大吉」と同じです。

お陰さまで1回で、裏・表が出て、いただいたお札は「上上」でした。

このお札、日本では悪いお札が出たら神社の木に結びつけて帰っていく人を
見かけますが、こちらでは、いいことも悪いことも自分のこととして受け入れて、
お札は持って帰るのだそうです。

だから、どこにも、お札が捨てられているといった光景は見られませんでした。

***************

龍山寺へは、地下鉄MRT龍山寺駅を出てすぐですので、
地下鉄で行かれることをお勧めします。

地下鉄の利用の仕方は、また、いずれ書きますので、参考にされてください。

                               フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2010/08/25 11:44】 | 台北へ行ってきました。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
台北へ行ってきました。(4)新宮晋さんの台北の展覧会③
新宮さんの展覧会のオープニングの翌日は、台北市政府の建物で
午後の2時から記念講演がありました。

その講演の直前まで、新宮さん御夫妻と、日本から新宮さんのオープニングに
参加した人たちで、新宮さんの台湾で展示されている作品を見に出かけました。

一つは、台北から西へバスで約1時間ほど行った新竹にある国立清華大学です。
新竹は、ビーフンで有名な町です。

100817-3

こちらが、清華大学にコレクションされている新宮さんの作品です。
ちょうどよいぐらいの風が吹いていて、羽根が軽やかに回っていました。

どこか愛嬌のある作品だと思いませんか?

100817-2

夏休みですので清華大学のキャンパスは、ほとんど学生さんはいませんが、
校内は、ご覧のような豊かな木立のある美しいキャンパスでした。

100817-4

皆さん、それぞれ思い思いに写真を撮りました。

100817-5

次に、台北へ戻って、南港にあるソフトウエアーセンターへ。
この敷地内に、もう一つの新宮さんの作品が展示されています。

100817-6

こちらに展示されている作品は、水の流れで複雑に動く作品です。
作品の複雑な動きを追いかけながら見ていると、
いつまでも眺めてしまいそうです。

100817-7

台北でも日本と同じように猛暑でした。
作品の水しぶきが、一段と涼しげに映ります。

100817-8

講演の後は、もう一度、展示会場へ。
水が張られた水田に、白い羽が美しく映えていました。

100817-9

展示されている作品は、台北の皆さんに、大変好評とのことです。

******************************

さて、翌日の8月2日からは、京都からやってきた長女と合流して
いよいよ二人で台北観光です。

・龍山寺でお参り
・「千と千尋の神かくし」の舞台になった九份(ジューフェン)へ
・行ってよかった台湾原住民博物館
・台北のおいしかったお料理屋さんをご紹介
・夜市2つ
・地下鉄の乗り方、タクシーの乗り方
・ホテル
・お勧めのお土産
・台北の最新の情報を得るには
など、書いていきますので、台北に行かれる際の参考になさってください。

                               フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2010/08/16 23:59】 | 台北へ行ってきました。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
台北へ行ってきました。(3) 新宮晋さんの台北の展覧会② 
100809-21

さー、展覧会のオープニングの様子をご報告しましょう。

今回の展覧会のタイトルは、「風が光を運んでくる」です。

台湾の大手建設会社の忠秦建築グループが運営している忠秦建築芸術基金会
による同じく忠秦建築グループが運営している朝日博物館主催での展覧会です。

100809-14

展覧会の会場は、松山空港の北川の川を超えた、
新しく開通した地下鉄MRTの剣南路駅からすぐ傍の所です。

周りは、高級マンションが林立しており、今後、衛星都市として
急速に発展する場所のようです。

では、今回の新宮さんの作品をご紹介しましょう。

田んぼとビニールハフスをイメージして作られた田園風景の中に
風で動く作品が設置されています。

もちろん、この田ぼやビニールハウスも新宮さんの
作品として今回新たに作られたものです。

100809-11

丸く円形に作られた田んぼの中に、白い羽の作品があぜ道に沿って
円状に設置されています。

夕暮れ、軽やかに回るその白い羽が、田んぼの水面に写ってきれいでした。

100809-12

こちらは、ビニールハウスの中に吊るされた作品です。
夕暮れのライトアップされた光の中で、ゆっくりと動いていました。

100809-13

もう一つのビニールハウスの中に吊るされた作品です。
白いシートがライトアップされた中で、風に複雑な動きをして回っていました。

100809-16 100809-18

100809-15 100809-17
100809-19 100809-20

オープニングのセレモニーとしての、コンテンポラリーダンスがありました。

作品は、この場所に4ヶ月間、展示されます。

この4カ月の間、植えられたばかりの苗が緑豊かに育ち、秋には黄金色に実る。
作品は、そんな田んぼの刻々と変わっていく風景の中で、
軽やかに回りながら、台北の人たちに楽しんでもらえることでしょう。
 
                               フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2010/08/09 15:26】 | 台北へ行ってきました。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
台北へ行ってきました。(2) 新宮晋さんの台北での展覧会①
今回の台北行きのきっかけは、新宮さんの台北での展覧会の
オープニングに参加するためでした。
そこで、台北での新宮さんの展覧会でのオープニング前後の様子も
ご報告させてくださいね。

100808-6

その前に、もうひとつ。
日本の関西空港の4階の出国出口のフロアーに、
新宮さんの作品があるのをご存じでしょうか?

100809-1

ご存じない方は、関西空港から海外へ行かれるおりに、
出国フロアーで天井を見上げてくださいね。

この日も、空気の流れに沿ってゆったりと動いている姿に、
「今から、新宮さんのいる台北へ行ってきま~す」と、
思わずつぶやいてしまいました。

100809-5

さて、展覧会場の前日の現場の様子です。

新宮さんは、27日から台北入りして作品の取り付けをしていましたが、
やはり現場では、いろいろあるようで、展覧会の前日の夕暮まで取り付けに
追われていらっしゃいました。

台北に着いてから、毎日、夕暮れにはスコールのような雨が降りました。
この日も、さっきまでの雨で会場の足元はべたべたです。

100809-3

100809-2

そんな中でも急ピッチで作業は進められ、辺りが暮れかかる頃、
作品のセッティングが終わり、ライトアップ用のライトもセッティングされ、
作業は全て終了することができました。

100809-4

続いて、31日の展覧会のオープニングの様子をご報告をさせていただきます。

                               フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2010/08/09 14:51】 | 台北へ行ってきました。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
台北へ行ってきました。(1) おいしかったお野菜料理
100808-6

7月28日~9日間、台北へ行って来ました。

旅の前半は、お友達の風のアートで知られる新宮晋さんの台北での展覧会の
オープニングに参加するためです。
そして、後半は、娘と合流して台北を楽しみました。

台湾も日本と同じように猛暑でしたが、2週間前までは毎日雨だったそうです。

猛暑のこの時期、収穫の最盛期を迎えている屋上菜園のことが心配でしたが、
主人やおばあちゃんが、菜園へのお水やりを頑張ってくれていたので、
お野菜さんたちは、みんな元気で、ほーっとしました。

台湾へ行って思ったことは、特にお野菜料理がおいしいことです。

100808-1

これはホテルでの朝食のバインキングのお料理です。

お皿の中は、ビーフンに春巻き、野菜炒め、ドレッシングで和えたお野菜。
これらは全部、調味料で工夫されたお野菜だけで作られたお料理です。

もちろ、ホテルのバイキングですから、ハムやソーセージ、ベーコン、卵料理、
チーズなど、お肉を使ったお料理もたくさんありますが、お野菜だけで作られた
これらのお野菜の料理が、とてもおいしいのです。

今、屋上菜園では、トマト、賀茂ナス、スモールトマト、ピーマン、ゴーヤ
万願寺唐辛子、小松菜、青じそ、とどれも最盛期です。

そこで、お野菜をもっと工夫しておいしくお料理したいと、台湾の食材や
調味料をいろいろ買って帰ってきました。

100808-4

早速、帰ってきた日の夕食に、これらの調味料を使って
新竹のビーフンに賀茂ナス入りマーボ豆腐、それからカラスミを切って食卓に。

100808-3

新竹のビーフンは、台湾では最高級品で、とても人気です。
日本のビーフンよりも麺が細くて上品な感じで、口当たりがよく、おいしいです。

100808-5

賀茂ナスがたくさん収穫するので、賀茂ナス入りマーボ豆腐を作りました。

100808-2

それから、カラスミ。
台湾ではボラの卵巣を加工したカラスミもたくさん売られています。
今日はなかったので添えていませんが、白ネギのスライスやレタスを添えて
一緒に食べるとおいしいです。

************************************

初めて行った台北。
折角ですから、少し台北旅行記を書こうと思います。

その旅行記の合間にお野菜料理などもご紹介したいと思います。

しばらくブログのアップ、間が空いてしまいましたが、
引き続き読んでくださると嬉しいです。

                               フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2010/08/08 09:22】 | 台北へ行ってきました。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。