スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
豚インフルエンザの予防策③予防策への基礎知識
新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の予防策③・予防策への基礎知識

090429

WHO発表によると、今回の豚インフルエンザの呼び名は2009H1N1型と
呼ぶことが決まったようです。
さて、この豚インフルエンザ(2009H1N1型ウィルス)のことをもう少しまとめてみました。

■豚インフルエンザは、季節性の香港A型、ソ連A型のインフルエンザとよく似た
  A型インフルエンザである。

■ウィルスと細菌の違い
・ウィルスは、生きた細胞の中でしか増えない。
/天然痘、狂犬病、日本脳炎、エイズ、SERZ、スペインかぜ
・細菌は自ら増殖していく。
/ペストやコレラ、結核、赤痢など。

■【予防対策】
・不要の人ごみへ出かけない
・マスクの着用
・握手をしない
・手を洗う
・うがい
・食器などの使いまわしをしない
・栄養と休息
・体力の確保

【感染したかな、と思う人は】
・症状は風邪と同じで、咳、鼻水、くしゃみ、発熱
・潜伏期間は1週間~10日
・すぐに病院に行かないで!(病院が感染の温床になるのを避けるため。)
まず、事前に発熱相談センターのホットラインへ電話して相談。
03-3501-9031(9:00~21:00) あるいは最寄りの保健所へ。
・感染者は外に出ない。

■メキシコでの日本人開業医の方の話
・若い方の発症が多い
・発症者の平均年齢39歳
・死亡者の年代の多くが若い成人

■若い人に死亡者が多いのは「スペインかぜ」とよく似ている。

■春にスタートし、一度は沈静化し、秋から再発後、強毒化したスペインかぜを
参考にすると、全世界に種がまかれて夏の間は流行しないが、秋から大流行の
可能性もある。

■ちょっと興味ある話を。
人間にもともと感染しないのだが、変異が起こっている毒性は強くなる
新型ウィルスがでてくると、従来の古いタイプの季節型香港型やソ連型インフルエンザは
消えていくそうです。
ただ、B型ウィルスは型が違うのでこちらは今後も存在するということです。


とにかく、皆で健康に注意しながら元気で暮らすことに気をつけて、
人からうつらない注意と、人にうつさない注意をして、
少しでも豚インフルエンザが広がらないように心掛けたいですね。


●<新型インフルエンザ予防策>←をクリックするとこのファイルすべてが読めます。


(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/04/30 12:00】 | 新型インフルエンザの予防策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豚インフルエンザの予防策①
豚インフルエンザの予防策①

090429

豚インフルエンザ」という、ほんの数日前までは名前も知らなかった病気が、
ものすごい勢いで世界へ広まっています。

「鳥インフルエンザ」は、毒性がきついそうですが、人から人へはうつらないそうです。

しかし、今回の「豚インフルエンザ」は、毒性の強さはまだよく分かっていませんが、
豚の中で感染したウィルスが、人へ感染した後、人の体内でウィルスが変異して、
その変異したウィルスが 人から人へとうつって広まるそうです。

そのため、一番の予防策は、「不要な人ゴミへ出かけないこと」です。

今、予防薬として名前が出ているタミフルは、怖いですね。
できるだけ飲みたくないです。

そのためにも、ウィルス感染しても軽くて済むためには、
私たちが健康でいることではないでしょうか。

健康でいるためには、添加物の少ない新鮮な食物を食べ、キチンと睡眠をとって、
適度に体を動かしてストレスをためないで暮らすこと。

これってよく考えてみれば、当たり前の暮らし方ですよね。
でも、今、こうした当たり前の暮らしができない状態の人たちがどれだけいるでしょうか。

現代人の暮らしは、(長くなるので書きませんが)生命力を弱めていることばかりです。
どんな暮らしが生命力を高め、元気に暮らせる暮らしなのか、
今、一度、それぞれがライフスタイルを見直して、私たちが健康でいることが、
今回の「豚インフルエンザ」の 一番の予防策ではないかという気が私はしています。

グローバルの時代、サブプライムローンをきっかけに経済の崩壊も、
地球をあーっという間に一周しました。

そして、今回の豚ウィルスも、結局は、人間が介在して、あっという間に地球を
1周してしまいそうです。

私たちが今考えなければならないのは、人間が自らの社会環境を崩壊させ、
自らの生命力を弱めていることです。

今までにも、地球の歴史の中で天変地変という生命にとってのボトルネックは起こりました。
でも、生命は、様々な状況に適応しながら、このボトルネックを通過してここまで生き延びて
きたのです。

今回のような人間自らが作ってしまった環境のボトルネックを、私たちが一人でも
多く通過できるように生命力を高めるためにどう生きたらいいのか。

もっと生命を大切に生きることの意味を考えて、生命が本来持っている「智慧」を
生かさなければいかなければならないと思います。

生命が未来へ続いていく努力をすることは、「欲」ではなく、今を生きる私たちの
「使命」と言ってもいいのではないでしょうか。   


●<新型インフルエンザ予防策>←をクリックするとこのファイルすべてが読めます。


(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/04/29 04:02】 | 新型インフルエンザの予防策 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4月24日の光環現象
090425-1

4月24日、10時、京都東山の屋上から見た光の虹の輪

090425-1

4月25日の朝刊に、24日の午前、西宮で「太陽に虹の王環ー珍しい外接ハロが観測!」
との見出しで、光環現象の美しい写真が掲載されていました。

私もこの日の10時過ぎ、久しぶりに太陽の周りに内暈(光の輪)が見えたので、
屋上から、パチリ、と撮影。

もっと光環現象がみられるかもしれないと思いながら、仕事があるので
後ろ髪をひかれる思いで、写真だけとってすぐに降りました。

この後、外接ハロ 、下部ラテラルアーク、環水平アーク等が場所によっては
見えたようで、もう少し屋上にいたら、素晴らしい光のショーが見れたかもしれないと、
ちょっぴり、残念な思いでいます。


実は、私は、2年前に、大空いっぱいに繰り広げられる光のショーを見て、
とても感動した体験があります。

その時の記録(写真をイラストレータで加工してJPGにしたもの)を探してみたら、

あ り ま し た !

この時のハロー現象は、今でもそんなには見れない現象だったと思っていますので、
その時の光のショーの画像とその時に書いた文章を以下に掲載しましたので、
よろしければ、どうぞ、ご覧ください。




090424-4


【2006年1月16日】

大空で信じられないような光の現象に出会いました。

11時20分頃、ふと、空を見ようと屋上にあがってみたら
南の空の太陽の右側が虹色に輝きはじめました。

幻日です。

幻日は左右にできるので、太陽の左側も急いで見ました。
左側もうっすらと輝き始めていました。

左右の幻日が強く輝いて光がプリズムを通した時のように、白い光の筋が見えてきました。
左右の幻日から出たその光の線は太陽を貫いて左と右の幻日もつながって、
大空一杯の光の輪になりました。

幻日環といって、初めてみる珍しい光の現象です。

そのうちに、太陽の周りを囲んだ光の輪、日暈が見えてきました。
この日暈の上が虹色に輝き始めました。

上部タンジェントアークです。

さらに写真をとり続けていると、左手の東山の山の方の低い所に虹が現れました。
びっくりして、ふと、右の方も見ると、ちょうど反対側にも虹が見え始めました。

こんな低い所にできる虹を見るのは初めてです。
これは下部ラテラルアークと呼ばれるものです。
 
一つ一つは見ることはあっても、こうして、次々に起こる光の変化は初めての体験です。
空で一体何が始まったのだろう???  
そんな気持ちで一杯になりました。

このときに見えていた光の現象(ハロー現象)は、専門用語になりますが書いてみますと、
内暈(22度ハロー)、外暈(46度ハロー)、22度幻日、幻日環、上端接弧、下端接弦、
ローウィッツの弧、パリーの弧、下部ラテラルアーク、太陽柱と、ほとんどのハロー現象が
みえています。

ただ、環天頂弧と上部ラテラルアークは見えなかったのですが、この日の夜に別の方が
ネット上で、この日の環天頂弧と上部ラテラルアークを報告していましたので、
私に見えなかったのは、このときの私が、環天頂アークと上部ラテラルアークが
この時間帯だと、もっと高い位置に現れることを知らなかったからで、残念です。

*******

大空一杯に繰り広げられた幻想的な真昼の光のページェント。
時間にしてほんの数十分のことですが、感動で体が震えるようでした。


まさに、天空からの贈り物! 

私の中の素敵な光の記憶が、また、一つ、増えました。

 





幻想的な大空一杯に繰り広げられた幻想的な光のショーを
少しでもお伝えすることができましたでしょうか?

この光の現象は、5000mから10000mの上空の空気中にある水分が凍ってできた
六角形の氷の結晶の並び方によって光が様々な角度から入って屈折することから起こる
光のプリズム現象です。

自然は時折、想像もつかないような美しい世界を私たちに見せてくれます。
光の現象も、そういった素敵な現象の一つですね。


(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/04/26 15:20】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
生ゴミ処理機で堆肥づくり⑨抜いたお野菜も堆肥に。
久しぶりの生ゴミ処理機で堆肥づくりの報告です。

090424-2

屋上菜園での野菜作りでは、お野菜を作る前に植えていたお野菜を
抜かなければなりません。

抜いたお野菜は、また、土に返すためには、今まではビニール袋に入れて、
屋上の炎天下に置いて、1年以上かけて堆肥化させていました。

でも、この方法は場所は取るし、虫が湧くこともあり、見た目にも美しくなく、
ビルの屋上でこうした堆肥づくりは、大変でした。

これらの抜いたお野菜を生ごみ処理機で処理してから堆肥化すれば、早くて、
楽なのではないかという思いがかねてからありました。

そこで、土から抜いた冬野菜を、早速、こ生ごみ処理機で処理してみることにしました。
抜いたお野菜は上の写真のように、刻んで、何回にも分けて生ごみ処理機で処理します。

少し面倒かもしれませんが、こうやって何回にも分けて生ゴミ処理機で乾燥させると、
腐葉土のようなさらさらの土が出来上がります。

しかし、これは、まだ堆肥として使用することはできません。
堆肥にするには、土と一緒に数か月かけて発酵熟成させないと堆肥として
使えないのです。このまま使うと、お野菜が枯れたりします。

次に私は、早く簡単に堆肥化するために、次のような工夫をしました。

090424-1

ご覧のように2つの容器を用意します。
左の容器には、土を入れておきます。
右の容器には、生ゴミ処理機で処理した処理物を入れます。

090424-3

右の容器の茶色い色をしたのが生ごみ処理機で処理したお野菜の処理物です。
この生ゴミ処理機に溜まった処理物を、右の容器に移す度に、左の容器の土を
同量加えてかき混ぜて置きます。

なぜ、こうするのかというと、早く堆肥化するためには、お野菜の乾燥させた
処理物と土との比率が1:1がいいからです。

スコップ1杯の処理物に、スコップ1杯の土を加えて混ぜる。
こうするだけで、徐々に堆肥ができるのです。

今このやり方が気に入っています。

容器の容量は、25リットル。
我が家では購入してから半年で、生ゴミ処理機で処理した処理物は、
この容器1杯、25リットルできました。

出来上がった処理物と土を1:1に混ぜるので、50リットルになります。
今回こうして作った土を夏野菜のプランターに少しずつ混ぜて使いました。

今回新たに作りはじめた堆肥は、半年後には、2つの容器一杯の
50リットルになるでしょう。
次の秋野菜の土作りのときに一緒に混ぜて使えます。

こうして、生ごみ処理機のお陰で、生ゴミも収穫後のお野菜の堆肥づくりも、
清潔で簡単に作れるようになり喜んでいます。

「生ゴミ処理機を使った堆肥作り」、皆様もよろしければ参考にされてみてください。


●なお、私が使っている生ゴミ処理機はHITACHIキッチンマジックBDG-V18です。
屋上などのコンクリートの上での野菜作りの処理には気に入っています。

商品について感心のある方は、こちらをご覧ください。 
                       
HITACHI キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 BGD-V18HITACHI キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機 BGD-V18
(2005/02/20)


商品詳細を見る



(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/04/24 23:57】 | お勧めのエコ道具(生ゴミ処理機他) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の珍味? ミョウガだけ
090423

これ、なんだか分かりますか?

これ、ミョウガの芽です。

タケノコに似ていませんか?

実は、このミョウガの芽を

「ミョウガたけ」といって、春の食材の一つなのだそうです。


090423-2

私たちが普段、ミョウガと言っているのは、夏の終り頃、この芽が大きくなった葉っぱの

ねっこから顔を出す「花」です。

ミョウガを植えて2年目の昨年は、このミョウガの芽が10本程出て、

夏の終わりに緑の葉っぱが茂った根っこから、みょうがの花が20個ほど出てきました。

3年目の今年は、昨年の倍の20本程、ミョウガの芽が元気に出ています。



この「ミョウガたけ」、春の食材として天ぷら等にして食べるそうです。

でも、ミョウガの花を楽しみにしているので、

この芽を摘むとどうなるのだろうと、摘むのにはちょっと勇気が要りますね。


  

植物は、葉っぱを食べたり、実を食べたり、葉っぱの新芽を食べたり、花を食べたり、

育てていて、実に面白なーと思います。

                                    



(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/04/23 08:51】 | 屋上ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
恵みの雨
090422-4

今朝、屋上へ上がってみたらご覧のように可愛い芽が、、、。

090422-1

4日前に撒いたお野菜の種が、一昨日の雨で一斉に芽を出しました。

090422-2

賀茂ナスも、雨水を含んで大きな花を開かせました。

090422-3

トマトの花もちらほら咲き始めています。


  

土づくりの前は、お天気が続くことを願い、

種を撒けば、雨が降ることを願う。

小さな屋上菜園でも、心は、お百姓さんと同じ気持ちです。

                                        

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/04/22 14:57】 | 屋上ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
4月17日夕暮れの雲のこと
090417-1

17日の夕暮の雲です。

久しぶりに、夕暮れ西南西の方向から東北へ大きな放射状と
その下に低く長い帯状のライン。

一瞬、この低く長い帯状のラインに、昨年の中国の四川省の地震のときの
前日に見た帯状ラインの雲のことを思い出しました。


090417-3

早速、この日17日の夜の21時37分頃、台湾付近 M5.0、
続いて、23時53分頃、千島列島M 5.7で地震が発生。

雲のラインは、左右同方向なので、これで、収束?
と、思ていたところ、翌日の18日の朝早く、またも、南西方向からの放射状の雲。

まだ、エネルギーがありそうな空の様子が気になっていたところへ
19日の明け方、19日04時19分頃、千島列島 でM6.4の地震が。

これで、納得のはずなのに、
私の中では、17日の夕暮に見た低く長いあの帯状のラインの雲のことが
まだ、どこかで気にかかっています、、、、。


(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/04/20 07:32】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏野菜の準備、完了!
090419-6

さー、いよいよ夏野菜の準備の季節ですね。

菜園をされる方にとっては、忙しい季節。
私もやっと、種まきと、野菜の苗を植え終わったところです。

苗は、トマト(桃太朗)、フルーツトマト、なす、賀茂なす、キュウリ、万願寺唐辛子、
ピーマン、ゴーヤ、オクラなど。

090419-7

種まきをした野菜は、サラダ水菜、小松菜、ラディシュ、リーフレタス、
それにバジルとタイムなどの香草類です。
夏場に重宝する青じそは、毎年自然に生えてきた苗を植え替えています。



090419-4
次に、土づくりについて少し書いてみたいと思います。
集荷うの終わった野菜を抜いて、プランターの土をひっくり返して土をよくほぐします。
土の中に根を張ったひげ根なども、こまめに取り除きます。

090419-5

プランターの底の網にも、日に当てて消毒 (?) します。

090419-3

よくほぐした土に、菜種油カスや堆肥、腐葉土、牡蠣殻石灰、米ぬか、などを加えて
よくかき混ぜて、元のプランターへ戻します。

今年は、堆肥には、生ゴミ処理機で作った生ごみの堆肥も混ぜてみました。



プランターの数は全部で30個。

毎回、この土づくりの作業は大変です。
でも、今年は新たに生ごみの堆肥も加えたりで、これからの夏野菜の生育が
楽しみですね。


090419-7

我が家の屋上ガーデンに初登場の「賀茂なす」です。
プランターで大きな賀茂ナスができるか、、、。
これも、楽しみです。



(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/04/19 13:36】 | 屋上ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今年も咲いたテラスの 「山桜 」
090418-2

我が家のテラスの桜が、やっと咲きはじめました。

淡いピンク色をしたこの桜の花は、山桜です。

5・6年前、山歩きで見つけた、ほんの数cmの桜の苗を

テラスのプランターに植えてみました。

育つかな?

そんな心配をよそに、桜の苗はすくすく育って、今では2mを軽く超えています。

そして、昨年、待望の花を、数個咲かせました。

そして、今年。

090418-3

京都の桜は、例年より早く咲き始めてもう散ってしまったのに、

我が家の桜は枯れ木のよう。

と、思っていたら、数日前に、急に葉っぱが開いてきて蕾もちらほら。

そして、一昨日、一輪目が咲きました!

しかも、その日は、驚いたことに、昨年とぴったり同じ日だったのです。

植物時計、すごいです。


090418-1

ご覧のように、まだ幹は細いですが、すくすくと育って、
今年は、昨年よりはたくさん花を付けて、家族を楽しませてくれそうです。


(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/04/18 12:40】 | テラスの四季 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テラスのアスパラガス②
090414-1
アスパラガス、今日の収穫は11本。
プランター栽培でも、市販のアスパラガスのサイズに負けていません。

090414-2

可愛いですね。
こんな感じで、6月の初めぐらいまで、次々に芽を出します。

本格的な収穫は、3年目からだとか。
来年が楽しみです。


(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/04/14 09:43】 | 屋上ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
環境先進国デンマーク視察とパリの旅⑰デンマークのバイオガスプラント視察レポート
090412-5

今日は、「バイオガスプラント」の視察について書いてみたいと思います。

実は私が今回の視察の中で、一番「すごい!」と思ったのが
この「バイオガスプラント」の施設です。

デンマークでは自然エネルギーの開発の中心に風力発電を据えてきましたが、
自然任せのエネルギー以外に「新エネルギー」としてバイオガスプラントによる
エネルギー開発を推し進めています。

「バイオガスプラント」というと、日本人には聞きなれないと思うのですが、
簡単にいうと家畜の糞尿を発酵させてメタンガスを作り、
メタンガスを燃やすことで電気と温水を作る施設のことです。

私たちが訪れたのは、23000頭のブタを飼っている養豚場です。

ここでは、養豚から出る糞尿に、アイスランドから輸入した有機廃棄物(魚の臓物)を
混ぜて、これらを発酵槽で温度を加えて攪拌してメタンガスを発生させます。
このメタンガスを燃やして、ガスエンジンを動かして発電機を回し、電気を作るのです。

090412-2 
これが発酵槽です。

090412-6
右奥に発酵槽が見えています。左の赤い屋根の建物が発電所です。
発電所の手前にある箱のようなものが売電のための変圧器です。

090412-10 090412-1
発電所の中です。

ここで、メタンガスを燃やしてガスエンジンを動かして発電機を回して発電します。
発電の電気は変圧器で10000Vにして売電します。

また、ガスエンジンから発生する熱で温められたお湯は、豚舎の暖房や
自宅の暖房や給湯に使います。

090412-8
発電所の中は、ご覧のように完全にオートメーション化されています。
異常があれば、ひと目で分かるようになっています。

090412-7
豚の絵のマークの上に78℃の表示が見えますでしょうか。
豚舎に85℃で送られたお湯が豚舎を温めて、戻る時には78℃に水温が下がっている
のが分かります。
この78℃に下がったお湯は、発電所で、再び、85℃に温め直されて豚舎に循環させる
仕組みになっています。

090412-3 
この中には、メタンガスを採取した後の残留廃棄物が入れてあります。
この残留物は、農地の肥料に使用します。

いかがでしょうか。これが糞尿による「バイオガスプラント」です。

この施設での発電による売電収入は年間で、2400万円。
400世帯を賄うことができるそうです。

さらに、熱くなったエンジンを冷やすことでできるお湯を暖房や給湯に使うことで
灯油に換算すると15万DKK(約300万円)を節約できます。

このプラントの投資額は1億円。すでに返済できたそうです。

 

なぜ、デンマークで、バイオマスプラントの利用が進んだのか。少し説明します。

大きな山も大きな川もないデンマークでは、水は地下水を利用しています。
その地下水の水が家畜や農薬などで汚染されないように、糞尿の処理や農薬散布
などがデンマークでは厳しく制限されています。

有数の酪農国であるデンマークでは、家畜の糞尿で川や大地が汚染されることを
避けるために、家畜の糞尿を作物の成長期以外の9か月間は畑や農場で糞尿を
散布することを禁止しています。

そのため、家畜を飼う農家では、散布が禁止されている間は糞尿をタンクに保管
しています。こういった経過の中で、実は、バイオガスプラントは、この糞尿のタンク
を管理していた農民が開発したのです。

このバイオガスプラントの規模が大きくなったものを「共同バイオガスプラント」と
呼んでいます。
この規模になると、地域でのコージェネ発電所での発電や地域暖房という規模になります。

現在、デンマークでは「バイオガスプラント」が45か所、共同バイオガスプラント施設が
15か所あります。

ただ、このようなバイオガスプラントが増えてくると、デンマークでは有機廃棄物が
不足気味で輸入している状態のところへ、周辺諸国でも有機廃棄物の利用が進み、
ますます有機廃棄物の確保がむずかしくなってきています。

再生エネルギーとして「バイオガスプラント」が取り入れられ始めているヨーロッパでは、
今や有機廃棄物は「ゴミ」ではなく、エネルギーを生み出す「資源」なのですね。

                                


(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/04/12 18:09】 | 環境先進国デンマーク視察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
環境先進国デンマーク視察とパリの旅⑯デンマークの風力発電視察レポート
090411-1

デンマークのエネルギー政策の中でも、自然エネルギーを代表するのは風力発電です。

デンマークで風力発電が広まったのには、いくつか理由があります。
それは、何と言ってもデンマークには、風力発電をするのに採算効率のいい5m/秒から
7m/秒の風が吹く地形にあります。

そして、その風を利用しようとする歴史は古く、はすでに100年も前から風車を開発して
きた歴史がデンマークにはあり、現在世界一の風力発電メーカーもデンマークにあります。

そこで、デンマーク視察での最初の報告は、風力発電にしたいと思います。

私たちが訪れたのは、ヘアニングの近くの海辺にあるウィンドファームです。
場所は、地図で確認してください。

ヘアニングの左側に大きな入り江があるのが分かりますでしょうか。
その入り江のほぼ中央の左側に250kw/hの風車が78機、
右側の方に250kw/hの風車が100機建てられています。

090411-2
訪れた場所は、このウィンドフアームの中央付近で左手の遠くに78機の風車が見え、
ちょうど、私が建っている場所から右に、100機のウィンドファームが続いています。

風力発電では、採算ベースにのる風が吹く所に風車を建てることが大切な条件ですが、
この場所は、年間平均6.8m/秒の風が吹いています。

このウィンドーファームのすぐ近くに、風力発電メーカーで世界一のVESTAS社の
会社&工場がありました。
今では本社は別の場所にありますが、VESUTAS社は、この場所からスタートして
世界一の風力発電メーカになったのです。

大きな風車の羽根が道を挟んで左右に寝かして置いてありました。
うっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。残念です。

090411-3
風車のそばには、たくさんの白鳥がいました。
日本では風車と野鳥の関係が問題になっていますが、このたくさんの白鳥を見たとき、
風車と野鳥は、「共存し合える!」 そう思いました。

次に、日本では風車の低周波公害の問題が起こっていますが、デンマークの場合は、
風車の多くは、農場など民家から離れているところに建てられています。
しかも、デンマークの家は、防寒のために国から家の壁の厚さを40cm以上にしなけ
ればならない規則があります。

こうしたことを比較してみると、日本で問題のある風車は、民家との距離が近すぎる
ことや、民家の建物の壁がデンマークの民家の建物と比べて薄いことなど、違いが
あることも感じます。

いずれにしても、風車を建てる場合に、建てる側は、こういった風車を建てる場合の
様々な問題を考慮して建てる場所を決定することは当然のことではないでしょうか。

  

最後に、デンマークの風車の特徴を少しだけ書いておきたいと思います。
デンマークでは現在、5300台の風車があります。
その風車の85%は市民風車です。
このことは、デンマークの大きな特質だと言っていいと思います。

では、なぜデンマークでは市民風車が盛んになったのでしょうか。

デンマークでは1970年代の石油ショックを体験することで、自国のエネルギー
自給率を高める必要性を感じた政府は、自然エネルギーの推進、中でも自国の
風力発電に適した風の利用を国民に推進させるために、風車を建てる人や組合
に積極的に助成金を出したり、売電価格の設定や様々な税制上の優遇措置をして、
市民が風車投資をして利益が出るように政策を推し進めてきたことがあげられます。

その結果、現在、市民の風力発電投資をする人が、15万世帯以上あり、年間
780億円もの収入を上げています。

こうした国民の風力発電投資のおかげで、現在デンマークでは、総電力消費量の
20%を風力発電で賄なうまでになりました。

さらに、2008年、デンマーク議会は、大規模な洋上ウィンドーファームの増築による
400万MWと陸上の再生エネルギー1300MWの導入を決定。
2012年までに、デンマークの総エネルギー消費量の20%を再生可能エネルギー
で賄う計画です。

そして、さらに、2030年までには、デンマークの総エネルギー消費量の30%を
再生エネルギーで賄おうという目標を掲げています。

そのために、デンマークでは、風力発電の売電価格に炭素税などからの助成金を
上乗せして売電価格を引き上げるなど、新たにデンマークで風力発電建設が増
えるような政策を打ち出しました。
こうしたことから、デンマークでは、再び風力発電の建設ラッシュが起ころうとしています。

                                           


(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/04/11 23:59】 | 環境先進国デンマーク視察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テラスのチューリップ
090407-1

テラスの赤いチューリップがやっと開き始めました。

白いチューリップは、10日ほど早くから咲き始めていたので、もう散りそうです。

今、京都では桜が満開で、本当にきれいです。

我が家のテラスも、春らしくなってきました。



(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
ブログランキングに参加中。右のブログのマークを1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/04/07 09:52】 | テラスの四季 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
環境先進国デンマーク視察とパリの旅⑮『なぜ、デンマークが環境先進国といわれるのか』
090406-1

『なぜ、デンマークが環境先進国といわれるのか』
視察を前にして、簡単に書いてみたいと思います。

デンマークでは、第一次石油ショックまでは、日本と同じようにエネルギーの
90%を海外に依存していた国でした。

その国が、日本も同じように体験した第一次エネルギーショックでの体験で、
これではいけないと環境とエネルギー政策を転換させ、わずか30年で、
エネルギー自給率150%の国になったのです。

そのエネルギーの開発の中心が、自然エネルギーの推進でした。

社会福祉の方は、スカンジナビアモデルといわれるように、すでに、有名ですね。

デンマークがどんな国なのかざーっと簡単に書いておきます。



■デンマーク
国土:九州ぐらいの広さ
人口:540万人
地形:平たんな地形。1番高い所で173mの台地
食糧自給率:300%
エネルギー自給率:150% 面積あたりでは風力発電世界一
            (世界一の風力発電メーカーを持つ)
選挙:投票率87%
税金:総所得の50%
消費税:25%
教育:100%無料、18歳になると学生には国から3500DKK(7万円)が支給される。
医療:100%無料
国教:キリスト教



デンマークが、なぜ、こんなにも素早く政策を方向転換できたのか、
そういったことを、少しでも、皆様にも感じとっていただけたらと思いながら
書いていきたいと思います。



(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/04/06 12:30】 | 環境先進国デンマーク視察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
環境先進国デンマーク視察とパリの旅⑭いよいよデンマーク視察へ
090405-1

さて、デンマーク滞在4日目の午後、次女をコペンハーゲンに残して、
いよいよデンマークの環境・福祉視察のために、スズキさんの住んでいる
ヘアニングの近くの町へ移動です。

ヘアニングの場所は地図に赤い字でを書き込みましたので、確認してくださいね。

ヘアニングへは、行きは飛行機ですが、帰りは、デンマーク国鉄を利用して
車窓からデンマークの町を眺めることにしました。

空港までは、今回もエストー(近郊電車)を利用。
このエストーに乗るのも、なんともう8回です。
チケットを買うのも慣れてきました。

デンマークの国鉄は、車内の至るところに工夫がされていて実に快適です。
この国鉄の話は、また後日に書くことにしています。

さて、国内空港は、カストロップ国際空港の中にあります。
ターミナルの②と③が国際線で、国内線はターミナル①です。
エストーのホームは国際線ターミナル③の一番端の地下にあり、そこから国内線①
まで歩くとかなりの距離です。

初めはターミナル①を目指して頑張って歩いていたのですが、
傍を歩いている人に尋ねると、ターミナル③の向かいにあるヒルトンホテルの前から
無料バスが出ていることが分かり、引き返して無料空港バスを利用しました。

国内線のロービーに着いてみると、国際線のしゃれたデザインの建物のとは違って、
びっくりするぐらい飾っり気のない空港でした。
ちょうど、日本のフェリーや連絡船のターミナルビルのような感じです。

コッコペンハーゲンから約1時間の空の旅です。

090405-2

空港の周辺の海には、オーレスン海峡を風が吹き抜けるからでしょうか。
洋上風車がたくさんあります。



●現地3泊4日の今回の視察の内容を書いておきます。
1. 教育の現場視察----小学校の学校視察&授業参観
2. 老人福祉の運営----介護センター&デェーセンター施設見学
3. デンマークのゴミ処理場を見学
4. リサイクルセンター見学
5. バイオガスプラントによる発電施設見学
6. 風力発電のウィンドファーム見学

参加者は、某市会議員3名と私の4名。少人数の視察です。
視察を案内してくださるのは、ケンジ・ステファン・スズキさん
スズキさんは、日本とデンマークを行き来しながら環境&福祉先進国のデンマークの
暮らしを日本に紹介されている方です。
著書に『デンマークという国自然エネルギー先進国「風のがっこうからのレポート」』
   『なぜ、デンマーク人は幸福な国を作ることに成功したのか』などがあります。



空港で、迎えに来て下さったスズキさんと、日本を今朝、出発してやってきた市会議員
の方々と合流して一路ホテルへ。
皆さんと夕食をしながら、明日からの視察のスケジュールの確認です。

わずか4人での視察ですが、私も含めて皆さんそれぞれが、環境&福祉の先進国
デンマークの姿から、日本に取り入れられるものをこの視察で探っていきます。

 
(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ      

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/04/05 17:54】 | 環境先進国デンマーク視察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テラスで育てるアスパラガス①プランターのアスパラガスが芽を出した!
090331-1

これ!

アスパラガスです。

プランターでアスパラガス

家族に笑われました。

昨年の1月頃、干からびた根っこのような苗を買ってきて植えてみました。

昨年は、無理だろうと思っていたら10数本、芽を出しました。

夏の間は、涼しげなアスパラの葉を茂らせていました。

2年目の今年。

1階下のテラスに置いていて手入れをしてあげていなかったので

今年は、もう駄目だと思っていました。

昨年のアスパラの枯れた葉っぱの茎を抜いてきれいにしてあげたら

驚いたことに、12本も芽をだしていました。

昨年よりも、一月早いです。

追肥をしてあげなければ、、、。。

アスパラは、春の終わりごろまで、芽を次々に出すので、

これからが楽しみです。


テラスで育てるアスパラガス②へ続く。



ブログランキングに参加中。励みになりますので、よろしければこのブログのマークを1クリック支援お願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ (風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/04/01 05:13】 | 屋上ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。