スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新宮晋の新型プロトタイプ風車②
前回、ご紹介させていただいた新宮晋さんの
ブリージング・アース「呼吸する大地」のプロジェクトの紹介の続きです。

11月28日は、新宮さんのブリージング・アースの一環として開発された風車の
実験開始を記念した子供たちとの凧揚げのイベントに私も参加してきました。

091130-1

着いたら、新宮さんが、ちょうど、このイベントのワークショップの
説明を終えたところでした。

091130-3

新宮さんの考案した凧の素材に、子供たちが思い思いに絵を描きます。

091130-10
091130-9

完成した凧が、次々に空に舞い上がります。

091130-5

今日の凧と風車の記念写真です。

091130-2

さて、写真をご覧になった皆様。
ニョキッと飛び出した棒のようなものが時々写真に写っているのに
気がつかれましたでしょうか?

実は今回の新宮さんのブリージング・アース「呼吸する大地」のプロジェクトが
映画になるのです。

新宮さんの自然エネルギーで自立する村の構想に共鳴したドイツ人の
ドキュメンタリ映画監督トーマス・リーデルスハイマー( Thomas Riedelsheimer)
さんがスタッフと来日して、24日も28日も順調に撮影が進んでいるのです。

ニョキッと伸びた棒の先にあるのは、映画用のマイクなのです。

091130-6

このドキュメンタリー映画は、来年の2010年に撮影を終えて2011年劇場公開の
予定だそうです。

劇場で上映されれば、新宮さんの今回のプロジェクトが一気に多くの人たちに
知っていただけることになりますね。

091130-8

今日は、凧もよく上がるいい風が吹いていて、風車は
4枚の羽根それぞれが風を受けて、複雑な動きをしながら
軽やかに回っていました。

新宮さんの風車の特徴は、それぞれの羽根が風に反応して回ることです。
そして、強い風が吹くと、その4枚の羽がそれぞれに水平になって
風をやんわりと返わしながらまわるのです。

その姿は、「風車が回る」というよりも、「風車が風に舞う」。
そんな華やかさを感じさせる風車です。

風車は、2月末までこの場所に設置してデータを取った後は解体されて、
このプロジェクトの候補地である南イタリアの Matera(マテーラ)で、
来年6月から9月にかけて開催されるこのプロジェクトを紹介する展覧会に
併せて展示される予定だそうです。

2月末までこの潮芦屋浜に設置されていますので、お近くの方には
「ご覧になってほしいなー」と思います。

この場所への行き方や、ブリージング・アース「呼吸する大地」の
プロジェクトについては、詳しくは私の主催するNPO法人風でご案内して
いますので、こちらでご覧ください。→NPO法人風

11月29日 新宮晋の新型プロトタイプの風車①

                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/30 14:05】 | エネギー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新宮晋の新型プロトタイプ風車①
風の芸術で知られる作家・新宮晋さんをご存知ですか。
新宮さんの作品は、世界中に設置されていますが、
関西の方なら関西空港の中にある吹き抜けの動く彫刻、
東京の方ならエルメスの本社ビルの上に設置されているので、
ご覧になられた方も多いと思います。

その新宮さんが、風力や太陽光の自然エネルギーだけで自立する村
ブリージング・アース「呼吸する大地」と名付けたプロジェクトを立ち上げたのです。

091129-1

新宮さんから、11月24日、兵庫県芦屋の潮芦屋浜に、このプロジェクトに使う風車の
発電データを取るための風車を設置するという案内をいただいたので、
新宮ファンである私は、組み立てられた風車が完成して風に舞う姿をみたいと、
現場へ駆けつけました。

091129-6

11月24日、潮芦屋浜は、夕方から雨という天気予報の中、
作業は、朝の8時半からスタート。
私が現場に到着したのは午後の1時半でしたが、
風車を建てるのにはまず風車を支える台と風車の関係が水平と垂直に
キチンとなることが大事で、そのための土台作りに時間がかかっていました。

091129-7

新宮さん自ら、土台のボルトのチェックをしています。

091129-10

早朝からの土台作りの作業がやっと完了。
いよいよ、足場が組まれ、風車を建てる作業が始まりました。

晩秋の夕暮は早く暮れます。
そーっと、奥様に、「私でもお手伝いできることはありませんか?」
と、お聞きしたところ、ボルト締めを手伝ってというお返事。

組み立て式の風車は、ボルトの数が一杯なのです。

私と同じように現場を見にきていたお友達と一緒に、ボルトを占める作業に入りました。
その後、中に入れないように周りをネットで囲む作業もお手伝をしました。

091129-10

4枚の内の2枚の羽根の取りつけが完了しました。
ネットを台の周囲に貼る作業中に、とうとう雨が降り出しました。

091129-11

雨脚も強くなってきた6時過ぎ、4枚の風車の羽根の設置が完了。
皆で、ホッとしました。

4枚の羽根の取り付けが終わった風車は、雨がそぼ降る夕闇の中、
潮風に吹かれて軽やかに回り始めました。

こんな華やかで美しい風力発電の風車が今までにあったでしょうか。
機能性の追求で開発が進んできた風力発電型の風車に、
美しさが加わったのです。

風車を設置するというお手伝いも経験できて、いい思い出になりました。

11月28日には、この場所で子供たちとの凧揚げのイベントがあります。
また、その日にゆっくりと風車を見に来ようと思って、私は、京都へと帰りました。

翌日、新宮さんから組み立てが完成した風車の写真が送られてきました。

091129-4

091129-5

この新宮さんの新しい風車は、発電データを取るために2月末までの
3ヶ月間だけこの場所に設置されています。

11月28日はこの風車の実験を記念してこの場所で、子供たちと凧上げをします。
このイベントに参加した話は次回に書きたいと思います。

*******************************

新宮晋の新しいプロとタイプの風車、機会があれば、ぜひ、見に行って下さい。

なお、この場所への行き方や、ブリージング・アース「呼吸する大地」の
プロジェクトについては、詳しくは私の主催するNPO法人風でご案内して
いますので、こちらをご覧ください。

NPO法人風へのアクセスはこちらをクリックしてください。→NPO法人風

                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/29 23:21】 | エネギー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
京の師走の風物詩・南座に「まねき」が。
091126-3

11月25日、京都・四条大橋のたもと南座に「まねき」が上がりました。

091126-2

「まねき」とは、人気役者が勢ぞろいする「吉例顔見世興行」の出演者の
名前をヒノキの板に「勘亭流」の書体で書いた看板のことです。

091126-8

「吉例顔見世興行」は、11月30日から12月26日まで。

091126-1

四条通に「まねき」が上がると、京都人の心はもう師走、です。

                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/26 12:59】 | 京の散歩道 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プランターで大きな大根!
091125-14

できました!
プランターでこんなに大きな大根が。

091125-12

まずは、一番大きな大根を抜いてみました。
見えているところより見えていない根っこがどうなっているか、ちょっと心配でした。

091125-13

いつもの収穫したお野菜を入れる30cmの竹ザルの上に。

大根の長さが30cm、葉っぱが40cm、直径8cm。
根っこの方まできれいな立派な大根です。

プランターでよくこんなに大きくなってくれたとちょっと感激です。

091125-16

早速、夕食に、「新鮮な大根おろし」と「風呂吹き大根」にして頂きました。


                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/11/25 23:32】 | 屋上ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鴨川にゆりかもめが
091124-9

四条大橋を歩いていたら鴨川にゆりかもめが。
数はそんなに多くはないけれど、もう飛来してきているんですね。

091125-3

鴨も飛来してきていました。

091125-2

四条大橋の西側、木屋町通りに沿って流れる高瀬川の桜です。
紅葉(もみじ)にくらべると地味ですが、桜の葉っぱの紅葉には
やさしさを感じます。
ここは、春になると街中でも満開の見事な桜が気軽に見れる所です。

四条大橋の東側の南座では、「まねき」の準備が始まりました。
「まねき」が上がると、いよいよ京都にも師走の風が吹き始めます。

紅葉の京都から、京の冬景色へ。
こうして京都の季節は巡っていきます。


                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/24 23:03】 | 京の散歩道 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
卑弥呼の宮殿跡か!②(①の修正と発掘であらたに見えてきたこと。)
091123-1
      NHKクローズアップ現代より

今日は、11月11日にアップした『卑弥呼の宮殿跡か!』の修正と補足です。

11月17日のクローズアップ現代で纒向遺跡の特集がありました。
これを見ていて11日に書いた内容で大きく間違っていたことがありました。

すぐに修正をしたいと思っていたのですが
NPOの関係で環境フェスティバル出展の行事等で忙しくしており、
やっと今日修正をいたします。

11日の夕方のテレビのニュースで、この建造物が、
「南北に中心線を持って建てられていた」と私は聞いたので
(私の聞き間違いだったのでしょうね。)
私はこの南北のライン上に箸墓古墳があるので、箸墓の埋葬者について
書きました。

ところが、クローズアップ現代で、この建造物は東西に中心線を持って
建てられていることが分かりました。

まず、今回の建造物が方向性を持って建てられていたことは、
この王宮が、なんらかの宗教性をもって建てられていたことを意味しています。

しかも、どの方向に建てられているかは、この宮跡がどのような宗教を
持っていたかを知る上でとても重要な事なのです。

その方角が違っていては、宗教が違ってきますので、私が南北と聞き間違ってしまった
ことは修正しておかなければならない重要なことなのです。

南北線であれば、これは北極星信仰を示唆します。
東西線であれば、太陽信仰を示唆します。

ましてや、この地域の東には神の山、三輪山があります。
今回、三輪山を臨む東西線に立てられていたということは、太陽信仰をもった政権で
あったとことが想像されます。

さらに、今回の遺跡で重要なことが分かってきました。
この建造物の建て方に特徴があることです。

それは柱です。
建物の中心に桂が並ぶ建てられ方だったことです。

同じような立て方は、出雲大社です。
桂が中央にあり祀事の部屋が東にあることは、太陽信仰や自然信仰が考えられます。
それに対して、平安時代の大極殿や伊勢神宮では桂は両脇にあり、
中央に祈る対象の神が祀られています。

今回の王宮クラスの発掘が出雲大社とおなじ系列に属する建てられ方であった
ということは、巨木信仰の変遷も感じさせられるとても重要な情報なのです。

これだけの材料だけでも、考古学フアンにとっては、いろいろ想像をめぐらす
材料になりますが、さらに私を引きつけたのは、
『木製の仮面』と『ミニチュアの舟』です。

もう少し全容が分かるといいですね。
さらなる発掘が待たれます。

2009年11月11日 卑弥呼の宮殿跡か!①
                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/23 08:28】 | 真知子のひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テラスの秋
091112-2

11月に入って秋も深まってきましたね。
我が家のテラスでも、この冷え込みで桜やモミジが美しく紅葉してきました。

091112-4

山紅葉(もみじ)です。

091112-12

拡大してみても、鮮やかな赤色がきれいです。

091112-14

紅葉した桜の葉っぱと、ススキです。

桜の紅葉は、モミジと違って桜の花のイメージのように柔らかです。
ススキは昨年カヤを鉢ごと頂いたのが順調に茂って、今年は穂を
ゆらゆらさせて、テラスの秋の風情をさらに感じさせてくれています。

091112-1

テラスの秋風景の最後は、今年初めて登場の吊るし柿です。
随分、水分が抜けて実が細く表面があめ色になってきて
吊るし柿らしくなってきています。

我が家のテラスの紅葉を見ているだけで、
今年の京都の紅葉は、一段と美しい年になりそうです。


                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/12 11:20】 | テラスの四季 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
卑弥呼の宮殿跡か!①
091111-8

箸墓古墳です。2年前に行った時の写真です。

11月10日、邪馬台国畿内説の場所として知られる奈良県の桜井市の
纒向(まきむく)遺跡の建造物の発掘調査が発表されました。

発表された建造物の大きさは、東西6・2メートル、南北19・2メートル。
それに、西側の6世紀後半の水路で壊されている部分を当時の建築様式
などから推測して、建物の規模は東西12・4メートル、南北19・2メートルで
床面積は238平方メートルの大型建造物であることが分かり、
九州の邪馬台国の場所として有力候補地の吉野ケ里遺跡の大型建物跡の
156平方メートルを大幅に上回ることが分かりました。

今回の発掘から、3世紀最大の建造物であったことが分かり
魏志倭人伝に書かれている邪馬台国の中心施設宮室か。と
邪馬台国・畿内説に拍車がかかってきそうですね。

古代史に興味がある私は、2年前、この邪馬台国の卑弥呼の墓ではないかと
言われている纒向遺跡最大の箸墓古墳を訪れたことがあります。

091111-2

この箸墓古墳は、以前は魏志倭人伝に書かれている卑弥呼の時代より
100年は後の時代ということだったのですが、近年、炭素測定法等で100年ほど
時代を遡ることになり、この当時最大級の墓である箸墓古墳が卑弥呼の墓
ではないかと、邪馬台国畿内説が改めて有力になるきっかけとなった古墳です。

091111-4

今回の大型建造物跡の発表で私を引きつけたのは、
この建造物が南北に中心軸線を持つ建造物であり、しかも、
この中心軸線上の南方線上に当時として最大級の前方後円墳の
箸墓古墳を臨むことです。

古代の神殿の建て方は、ご神体を臨んで建てられていることが多く、
私が地図を見ていて感じたのは、この建造物が魏志倭人伝の中に書かれている
卑弥呼がいた3世紀前半の国内最大級の建造物となれば、
その一直線上にご神体のようにこの場所から臨む箸墓古墳は、やはり卑弥呼の墓
かそれに匹敵するような古代の重要な方の墓の可能性が高まってきます。

091111-3

前方後円墳の箸墓古墳の正面です。

091111-9

現在は、箸墓古墳に葬られている方は、第7代孝霊天皇の皇女、
倭迹迹日百襲姫命大市墓として宮内庁が管理しているので、
残念ながら中を調査することはできません。

三輪山の神である大物主神の妻になったとされる倭迹迹日百襲姫命と
結婚せずに神に仕えた卑弥呼。
共に神に仕えた女性であり、この時代最大級の墓であるこの箸墓古墳。

この一帯の発掘はまだまだこれからです。
今後の発掘調査から何が出てくるか、、、。
楽しみですね。

091111-7

箸墓古墳からの帰り道は、右に大神神社の大鳥居。

091111-5

左にご神体の三輪山を臨みながら、晩秋の大和路を歩いてのんびりとしました。

■以下に南北軸を東西軸に修正しています。読んでください。

2009年11月23日 卑弥呼の宮殿跡か!②(修正と発掘で新たに見えてきたこと。)

                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/11 17:32】 | 真知子のひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
甘くスプーンで頂く渋柿の作り方
091107-5

これ!
渋抜きをした渋柿です。
今日は、渋柿をこんな風に甘くてトロ~リとしたスプーンでいただく柿に
変身させる方法をご紹介いたします。

091107-2

用意するのは焼酎と、霧吹きと、ビニール袋、これだけです。

焼酎は、少ししかいらないので、夏の梅焼酎作りなどで使う焼酎を
少し残しておくといいですね。

091107-1

柿の入ったビニール袋の中に、焼酎の霧を吹きかけます。
渋柿が全体に焼酎の霧で濡れてしまう位吹きかけて下さい。

091107-7

今回は、親戚からいただいた渋柿100個の中から少し熟れて柔らかくなっていた
渋柿25個を、5個ずつビニール袋に入れて、5つ袋を作りました。

091107-3

焼酎を吹きかけた渋柿の入ったビニール袋の口をしっかり縛って
ただ、置いておくだけでいいんです。

赤く熟してきて、触ってみて柔らかくなってきたら出来上がりです。

目安は大体1週間です。

091107-4

甘くてトローリ柔らかでスプーンでい頂く柿の出来上がです。
とても、甘く、渋もすっかり抜けています。

簡単にできるので、渋柿が手に入ったら、ぜひ、お試しください。

                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/08 08:47】 | 真知子の料理(収穫野菜を使った料理を中心に) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テラスの柚子で柚大根
091106-2

柚子の季節がめぐってきました。
6・7年前に植えた柚子が、昨年に引き続き、
今年もびっくりするぐらい大きな実を付けて、色づき始めました。

091106-3

数えてみたら23個、大きさもほとんどが10cmほどはあります。

そこで、今年も、柚子を使った柚大根を作ってみました。

091106-1

作り方は
1.大根を拍子切りに切って、薄めに塩を降って2日間、寝かせます。
2.汁が出るので絞った大根と一緒に、絞った柚子にみりんと昆布、鷹の爪、
薄切りの柚子の皮を入れます。
3.1日2日、寝かせたら出来上がりです。

お酢を使わないで、搾りたての柚子の汁100%で漬けた贅沢な柚大根。
豊かな柚子の香り溢れた薄味の自家製柚大根は、季節感溢れた
我が家で好評な1品です。

                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ベランダガーデニング - ジャンル:ライフ

【2009/11/06 09:14】 | 真知子の料理(収穫野菜を使った料理を中心に) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月4日の空、真っ白な放射状の雲が美しい
091104-2

こちらは、11月4日の午後1時半ごろのやや北寄りの西の空に現れた雲です。
雲ひとつない抜けるような青空の中で、真っ白な放射状の雲が、とても美しくて
思わずパチリ。

091104-1091104-3

この放射状の雲は、左右の下の方にさらに長く放射状に広がる帯雲を従えていて、
なかなか華やかな美しいい放射状雲だったのですが、左右の雲は画像には入って
いないので、その華やかさを伝えることができないのが残念です。

ただ、この場所からの放射状雲は夕暮れにも、夜中にも、そして翌日の5日も、
曇り空の向こうで何回も現われては消え、消えては現れてこの場所で放射を
繰り返しています。ちょっと気になっている雲です。

                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/05 23:33】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初めて作った吊るし柿①
091101-4

我が家のテラスに「吊るし柿」が登場しましたよ。
作るのは初めてです。

作ることになった、きっかけは、、、。

091101-1

昨日、親戚から、100個近い渋柿が届きました。
そこで、初めて吊るし柿作りに挑戦することになったのです。

091101-2

柿には、地域地域でいろんな種類があります。

この柿は、西条柿という名前でよく知れれた渋柿です。
柿の周囲にご覧のようにへこみがあるのが特徴です。

我が家のおばあちゃんも吊るし柿作りは初めてということで
二人で吊るし柿作りに初挑戦です。

100個近い渋柿の中から、吊るし柿にむきそうな堅めの柿75個を選び、
私が皮をむき、おばちゃんが柿を吊るせるように紐掛けをすることにしました。

残りの柔らかい柿は、渋を抜いて柔らかくしてそのままいただくことにしました。
この作り方は次回に書きますね。

091001-11

柿の先端を少し残しておくと柿の実が崩れにくいと聞いたことがあるとの
おばあちゃんのアドバイスで、先端部分を少しだけ残して皮をむきました。

091101-6

むき終わった柿が、ゴ~ロ、ゴロ。

091101-5

吊るした柿の実の付け根、紐を巻き付けたところを、よーく見てください。
柿の実の付け根の枝は T の字のようになっていて、紐掛けがしやすいようにと
必ず、その枝を付けて切ってあります。

枝を付けた可愛い柿の実を眺めいると、
ちゃ-んと吊るしやすいような形の枝を付けていることに、
自然の不思議さを感じてしまいます。

091001-9

吊るし柿を吊るすのは、日陰で風通しのよいところ。
ということで、吊るす場所はテラスに決めました。

吊るした渋柿が、夕日に映えています。
吊るし柿は、一月ほどでできるそうです。

当分、秋を感じさせてくれる我が家の風物詩になりそうです。

                                      フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/11/01 17:24】 | 環境先進国デンマーク視察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。