スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
チーズ星人!
20110225-5


チチチチで知られる日清カップヌードルのチーズ星人、ご存知ですか?

20110224-2

こちらは、昨日発表された「盾持ち人埴輪」です。

似ていませんか?


                                      フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/25 14:17】 | 真知子のひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
国内最古の「盾持ち人埴輪」
20110225-2

この愛くるしそうな微笑みを浮かべているのは
「盾持(たても)ち人(びと)埴輪(はにわ)」と呼ばれている埴輪です。

奈良県桜井市の国史跡「茅原大墓(ちはらおおはか)古墳」で、
盾に人の頭を乗せた4世紀末ごろの「盾持ち人埴輪」が見つかり、
24日、桜井教育委員会から発表されました。

これまで発見された「盾持ち人埴輪」は、5世紀から6世紀のものなので、
今回発見された「盾持ち人埴輪」は、国内最古ということです。

この「盾持ち人埴輪」、古墳の外郭部に並べられており、
古墳全体を邪悪なものから守るために置かれたのではないかといわれています。

型にはめて作られた埴輪と違って、一つずつ作られているので、顔の表情が
異なっているために、どこか親しみが持てる埴輪です。

20110224-2
                   (画像はすべて毎日新聞)

大きさは、円筒の上に三角のかぶとをかぶった人の頭(縦17cm、横16cm)
を乗せ、前面に盾(縦47cm、横50cm)を張り付けた構造。全体の高さは
1メートル以上にはなると推測されており、結構、大きなものです。

顔は平たんで赤色顔料が塗られ、目と口の穴が開き、鼻と眉は粘土を張って
作られていたようですが欠損しています。そして、口の下には線刻で
入れ墨が描かれています。

特に興味惹かれるのは、顔に赤色顔料が塗られ、入れ墨があることです。

入れ墨といえば、『三国志』魏志倭人伝での「男子は大小無く皆鯨面文身する」
とある一節です。
入れ墨は、卑弥呼の国・倭国だけでなく安曇氏などの海人集団や隼人や蝦夷等も
していました。

そんな彼らの中でも、すぐに思い浮かぶのは、当時、皇族の身辺護衛のために、
九州から大和周辺に定住させられていた隼人のことです。

皇族の身辺護衛をさせられていた隼人たちは、当時の高貴な方たちの死んだ後も
盾を持った埴輪となって古墳を邪悪な霊から高貴な方たちを守るべく警護させら
れていたのでしょうか。

また、この「盾持ち人埴輪」は、関東の方でも見つかっています。
やはり、同じように顔には入れ墨が描かれています。
そのことを思うと、「盾持ち人埴輪」の姿からは、隼人だけではなく
入れ墨をしていた縄文系の人たちが、後から日本列島にやってきた弥生系の人たち
に破れて仕えさせらた姿かもしれないと思ってみたりしています。

さて、24日はもう一つ、「応神天皇陵」といわれている大阪・羽曳野市の
誉田御廟山古墳で、16人の研究者が内堀の周りを取り囲む2.2キロの
堤を歩きながら墳丘の形や周辺にある小規模な古墳などを観察したそうです。

天皇が葬られているとみられる墳丘の部分には入ることはできなかった
のですが、宮内庁が管理する古墳時代の天皇陵で歴史研究のための立ち入
り調査が行われたのは初めてのことです。

たとえ小さな遺物の破片であってもそこから、当時の古代の日本人の様子が
かいま見えて、遺跡の発見には、やはり心が躍ります。

                                      フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/25 11:52】 | 真知子のひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニュージーランドの大地震・ライフライン
20110225-1


ニュージーランドの大地震が発生してから3日、
連日、死者の数が増えて胸が痛むばかりです。

そんな中で、今回の地震の様子が、いろいろと分かってきました。

ニュージーランドの地震・火山観測プロジェクト「ジオネット」の発表に
よると、今回の地震では、瞬間的な揺れは、最大加速度が940ガルで、
阪神大地震の800ガルを上回っており、揺れの強さは、震度6強、
局地的には震度7の大きな揺れ出会ったことです。

また、今回の地震は、昨年の9月上旬にあった震度7の地震の余震
で、この時の地震で建物が痛んでいたことも被害を大きくしているようです。

しかも、クライストチャーチの中心部は、沼を埋め立ててつくられた街で
地盤が軟弱だったことがさらに揺れを大きくしたようです。

さて、今回の地震で破壊されたライフラインについてチェックしてみました。

電気や通信網は、地震発生後3日で、かなり復旧が進んでいるようですが、
ガスと水道の復旧がまだほとんど進んでいなようです。

地震災害のための備蓄用品としては、水の備蓄が大切なことが分かります。

                                      フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/25 09:13】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピンク色の朝焼けとお月さま
20110223-1

今朝のお陽様がまだ登る前の空です。

西の空が薄紫のピンク色に染まり、
まるで、夕日が沈んだ後の暮れてゆく空のようです。

20110223-2 

見上げた空には、まだ、お月さまが、、、。
今日のお月さま、何故だかいつもより大きく見えます。

少しかすんだ空は、もう、春の気分ですね。
                                      フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/23 15:20】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ニュージランドの大地震(2010年2月22日)
20110223-4
  クライストチャーチ(ウキペディアより)

ニュージーランドで日本時間で2月22日の早朝、M6.3という
大地震が発生しました。

今日現在、死者64名、行方不明者300人以上も含めて大きな被害が
出ているようです。
その行方不明者の中に23人の日本人もいるとのことです。

京都でも外国語専門学校の卒業生の方で卒業後語学研修で
滞在している人が、地震にあったようで今も行方不明のようです。

カナダのシアトルに行った時、ホテルが立ち並ぶ繁華街に語学学校が
沢山あって、日本の若者が授業が終わると通りに繰り出す姿を見て
日本人向けの語学学校が多くあるのに、びっくりしましたが、
ニュージーランドでも、語学関係で行っている日本の若者が多くいることを、
改めて今回の地震で知りました。

クライストチャーチには、もう、20年も前のことですが、
この街に永住した知人がいて、その方は無事だろうかと
安否を気遣ってもいます。

とても美しい街のようで、その方から高台から写した写真を見せていただき、
入り江に面した街や、シンボルの教会がとても美しい街だったことを
今も思い出します。

その美しいゴシック建築の教会が、見るも無残に崩れている姿を
昨夜のニュースで見ました。

今回の地震のエネルギーは、M6.3です。
ニュージーランドでは15年間で、マグニチュード7以上の大きな地震が
5回も発生していますが、確か死者は出ていないと思います。

今回の地震は6.3と、それよりもマグニチュードは小さいのですが、
振源地から10キロと近かったことと、地下5キロの浅い直下型の地震だったこと、
人出が多い昼食時間であったことなどが量なって被害が大きくなったようです。

20110223-5

昨夜のニュースで、ニュージーランドの南からと北からと2つのプレートが
沈み込むプレートの画像を見ながら、「日本列島の様子とよく似ているね。」
家族で、そんな会話が出ました。

宮崎の新燃火山の噴火や小笠原列島の最近の地下の動きなどを思うと、
ニュージーランドの大地震は、人事ではないと感じてしまいます。


そして、今も300人以上の人が、がれきの下敷きになっています。
生還の可能性が高いのは、地震発生後72時間が分かれ目と聞きます。

一人でも多くの方が、救援されることを祈ります。

                              フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/23 12:57】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒヨドリと柚子
20110220-1

春らしい日差しの中で小梅の花が満開です。
この梅の花にメジロやウグイスのツガイが毎年やってきます。

今年も、もうすでに何度かこの梅の花に飛んできたのですが、
メジロやウグイスはとても敏感な小鳥で、部屋の中で動くだけで
逃げてしまい、なかなか写真が撮れません。

そんな時、今日は、ヒヨドリがやってきました。

20110220-6

ヒヨドリも、ツガイで行動する小鳥です。
ほら、ちゃんと、もう1羽いました。

20110220-2

柚子の木の下の方で、ヒヨドリがゴソゴソしているので、見てみると
柚子の実をついばんでいます。

201102-20-3

ヒヨドリの狙いは、この柚子の実だったんですね。

20110220-5

でも、実はこの柚子、最後の1個なんです。

20110220-7

柚子の皮だけが少し残っています。
どうも、数日前からやってきていたようです。

ヒヨドリは、身体も大きいからか、ウグイスに比べたら、
神経が太いのか、写真は撮りやすいですね。

でも、私の本目は、我が家の梅の花にやってくる
「梅にウグイス」なんです。

「今年こそ!」、と思っているのですが、
さてさて、どうなるでしょうか。

                              フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/21 13:31】 | 屋上ガーデニング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
飛行機雲と光環現象
20110219-2

昨日の2月19日は、飛行機雲で空がとっても賑やかでした。

飛行機雲がいつまでも空に残っているこんな日は、
空気中に電気帯びたエアロゾルがとても多い日なんですよ。

エアゾルの多い日は、次々に伊丹空港から飛び立った飛行機の跡が
何本も何本も残って空には華やかなラインがいつまでも残ります。

20110219-3

いつまでも空に残った飛行機雲は、最後には一本ずつが広がって
重なり合って、だんだん放射状の一つの雲のようになります。

20110219-1

2月20日の今日の空も、昨日と同じように飛行機雲のラインが見えています。
今日も、電気帯びたエアゾルが空気中に一杯のようです。

昨日より、うっすらと空を覆っている巻層雲の層が厚いので
こんな日は、光環現象が出やすい日です。

東の空を見上げると、予想通り、早々ときれいな内暈がでていました。

ただ、こういう日は、午前中はいいお天気ですが、
だんだん雲が広がってきて、お天気は下り坂になることが多いいですよ。

                              フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/20 13:47】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
干し柿も、「風からの贈り物」なんですね。
20110218-2

少し遅くなりましたが、今年も甘~い干し柿ができました。

20110218-3

「今年はとってもおいしいコロ柿が出きました」と、
コロ柿作りの名人が、テレビで言っているのを見ました。

我が家の干し柿も、びっくりするぐらい甘~い干し柿です。

201102158-1

風に吹かれながら柿の渋が甘味に変わっていく、、、。
これも「風からの贈り物」なんですね。

                              フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ






テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/18 10:19】 | 真知子の料理(収穫野菜を使った料理を中心に) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の訪れが早いかもーユリカモメ
201102014-1

鴨川の四条大橋の一つ南、どんぐり橋から見た風景です。

先日からこの橋を何度か通るのですが、
ユリカモメの飛ぶ姿が見えません。

20110214-2

いつもなら、この小さな砂州にユリカモメが群れているのですが、
ここにも1羽もいません。

2月に入ってから、こんな日が続いています。
もう北へ帰っていったのでしょうか?

だとしたら、今年は、春の訪れが早いかもしれませんね。

                              フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/14 10:15】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本の異常気象を「世界の異常気象図」から見ると。
20110205-22
  (1月26日~2月2日の世界の異常気象図より)

新潟県の魚沼では積雪が400cmを超えるなど、
今年は日本海側を中心に、記録的な豪雪の年になりました。

そんな中で、他にも記録を更新している異常気象があります。
「異常乾燥」です。

東京では1月の平均湿度50%が36%と統計を取り出してから
過去最低を記録。
また、1月の平均降水量48.6ミリが、今年は3.5ミリ。

湿った空気は日本海で大雪となって、太平洋側はカラカラになって
しまったようです。

そのために首都圏を中心に乾燥注意報が37日間連続で出ていて
今のところ、歴代2位の記録だとか。

一昨日の夕刊に、「インフルエンザがピーク」とありましたが、
空気の乾燥がウィルスを元気づけているのでしょうか。

そこで、気象庁発表の最新の世界の異常気象分布図
(1月26日から2月2日)からみてどうなっているのか覗いてみました。

日本の関東から西日本全体が黄色の色で囲まれているのが
分かりますでしょうか。(↑上の図をご覧ください。)

黄色い色の地域は少雨の異常気象地域であることを表しています。
この世界の異常気象分布図からも、この連日の西日本の乾燥が
地球規模級の異常気象であることが分かります。

確かに、京都でもほとんど雨が降っていません。

さて、カナダのトロント在住の作家である友人からのメールでは、
年末は雪のない年越だったけれど、ここ数日は例年の
気温に戻って、ー20度前後の寒さだそうです。

20110205-11
  (12月29日~1月4日の世界の異常気象図より)

そこで、世界の異常気象分布図で、年末から年明けの
トロントがどうだったのかを見てみることにしました。

すると、北米の東がピンク色に囲まれていてトロントが異常な
高温地域だったことが分かりました。

この同じ年末から年始にかけての「世界の異常気象分布図」の中で、
ブラジルが異常多雨を表す水色の色に囲まれているのが目を引きました。

ブラジルは、1月の中旬に洪水で死者1000人以上をだし大災害に
見舞われています。
この「世界の異常気象分布図」をみると、ブラジルは年末からすでに、
異常な多雨に見舞われていたことが分かります。

この気象庁発表の「世界の異常気象分布図」。
これらの情報から、農作物の被害や自然災害などが見えてきて、
なかなか興味深いものがあります。

                              フタバくん

「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/05 15:34】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
琉球大学・木村政昭教授~霧島火山の噴火活動について
    20110202-1
       (2月1日新燃岳・読売新聞より)

北では記録的な大雪のニュース、南では新燃岳の噴火と、
連日の日本列島での自然災害の報道に被災地の皆様には
心よりお見舞い申しあげます。

今回の新燃岳の噴火は、300年周期の大噴火、享保の噴火の規模
であることが分かり始めました。
当時、東海、東南海、南海地震が起こっています。

今日は、偶然、1月28日のブログでご紹介させていただいた
大地震の前兆は、火山活動が活発になるという説をおっしゃって
いる琉球大学の木村教授のホームページを見つけました。

ちょうど、2月1日付けで、今回の新燃岳の噴火についてのコメントが
アップされていましたので、ご紹介させていただきます。

*****************************

霧島火山の噴火活動について(琉球大学 木村政昭)

2011年2月1日(火)

2011年1月26日に噴火を開始した霧島火山の新燃岳の火口底は、
本日までに火口縁近くまで上昇しています。
同火山が、今回の活動中に巨大噴火になることは明らかでしょう。
また、溶岩が火砕流などとして火口の外へ流出するのは時間の問題と
思われます。
さらに、今回の一連の火山活動終了後数年後に、日向灘南部で大地震が
発生する可能性も否定できません。
また、日本列島の他の地域での火山・地震活動も気になります。

*****************************

なお、ホームページのアドレスは
http://web.mac.com/kimura65/Site2/Home.html です。
関心のある方は、ご覧ください。

***************************** 
                            フタバくん
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/02/02 14:03】 | 今日の空・今日の風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。