スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
太陽光発電の固定価格買取制度に思うこと。
090724-5
街中、ソーラー・パネルの家になるのでしょうか?

■太陽光発電の売電価格が24円から48円へ
23日、経済産業省の総合資源エネルギー調査会の小委員会で、
電力会社が家庭の太陽光発電の余剰電力を買い取るためのコストを、
電力を利用するすべての世帯と企業の電気料金に転嫁することになリました。

実施は、来年4月から。
コストの負担は、標準家庭で1カ月当たり約30円、
太陽光発電の普及が進めば買い取りコストも増えるため、
10年目の上乗せ額は最大で100円程度になる見通しです。

また、大口需要家の産業界では、年間で最大約1700億円の負担増が見込まれ、
「ビルなら100万円単位の負担増になるし、産業によっては桁違いの負担になる」との
懸念の声があがっています。

新制度では、電力会社が余剰電力を1キロワット時あたり現在24円を48円程度で買い取る
一方、すべての電力利用者にコストを転嫁することとし、買い取り費用の負担を拒否した
場合には電気を止めるということです。

太陽光発電の売電価格が24円から倍の48円になるということは、太陽光発電を推し
進めるのに、とても大きな推進力になります。
今回の新制度は、その価格の出所を、電力を払う中に上乗せして調達するという
話なのです。

これにより政府は、太陽光発電の設備の設置数を2020年に現在の20倍に増やす目標を
掲げています。
すべての世帯が太陽光発電に絡むコストを負担することで、地球温暖化への取り組みを
加速させようとの狙いと合わせて、太陽光発電で、世界一へ、が狙いのようです。

この固定買取り制度で自然エネルギー推進に大いに成功したのが、ドイツです。
ドイツでは、この電気力金に上乗せして集めたお金で、
第一段階では自然エネルギーを推進しようとする人たち全体を支援しました。
水力、太陽光、風力、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギー事業者が対象で、
また、個人・企業なども問いませんでした。

例えば、一市民が、風車を立てて風力発電の設備をした場合、このシステムで
集めたお金で助成しました。

第一段階では、買い取り価格は個別ではなく一律だったので、設備費の安い
風力発電が飛躍的に伸びました。

次いで第二段階で、今度は設備費に費用がかかるということで広がらなかった
太陽光発電の導入に力を入れて、ドイツが日本を抜いて世界一になりました。

第三段階の現在では、ドイツでは太陽光発電と海上風車に力を入れています。

090724-7

今回発表された日本の固定価格買取制度には、大きな問題があります。
それは、再生可能エネルギーのうち、太陽光発電に限定していることです。
風力・バイオマス・地熱などの他の再生エネルギーが固定価格買取制度(FIT)の
対象になっていないのです。

ふと、頭をよぎるのは、バイオガスプラントを立ち上げたり、市民風車を立ち上げたり
した市民グループの方たちのことです。
彼らは、立ちあげたけれど、売電価格が低くて赤字で大変な思いをされていると
聞きます。

今回の買い取り制度は、太陽光発電関連メーカーのすそ野は広く、家庭用に集中
していて、うまくいけば大きな景気刺激策になる可能性があり、太陽発電関連の業種
にとっては明るいニュースなのでしょう。

ただ、地熱発電や潮流発電や、風力、バイオマスなどのその他の自然エネルギーの
可能性ある研究が停滞してしまいそうで心配です。

ましてや、支払いを拒否すれば電気を止めるという。
日本の自然エネルギー戦略は、産業界などの思惑を背景に、何が何でも太陽光発電
へと集中させて進もうと決めたようですね。

2009年9月1日 民主党の[環境マニフェスト]と[国家戦略局]


                                           フタバくん

(風を感じて暮らす~真知子の屋上ガーデニングとロハス生活)
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。がんばれ!と思ってくださる方は「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2009/07/24 11:32】 | エネギー | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<カラスにやられた! | ホーム | お野菜作りと「風」>>
コメント
■世界一になったドイツ太陽光発電産業、その秘密と未来-EUの黄昏は確実か?
こんにちは。ドイツの太陽光発電産業は、日本のそれを追い越し世界一になっています。しかし、それには秘密があります。そうして、その秘密が故に、今は良いですが、いずれ破綻し、大きな負の遺産を残してしまうのは必定です。EU諸国がどうして、このようなことをするのか?それは、かつての共産主義のように、実証された理論にもとづいているのではなく、理想にもとづく理念に基づいて動いているからです。ご存知のように、共産主義はそれを実行した国旧ソ連や中国で、そうして、その他の国々でもことごとく破綻しました。共産主義に影響を受けて、自由主義陣営でも福祉国家がつくられましたが、これも破綻しました。実証されていない理論にもとづき、理想論やあるべき論で行動すれば、ことごとく失敗するのは目に見えています。EUの太陽光発電も同じ運命をたどるものと思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。
【2009/08/24 11:59】 URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kazekaze08.blog64.fc2.com/tb.php/171-4e656a95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。