スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
地殻の破壊は、茨城県沖で止まった。
20110324-2

東日本巨大地震を引き起こした地殻の破壊が茨城県沖で止まったのは、
フィリピン海プレート(岩板)によるものであることが、
海洋研究開発機構の調査でわかりました。

地殻の破壊は、宮城県沖から北と南へそれぞれ進んでいったが、
南下していった破壊は、茨城県沖と房総沖の境にある同プレート
の北東端でちょうど止まったとしています。

一般に、余震の発生領域は、地震を引き起こした地殻の破壊が
起きた領域とほぼ同じであると考えられているのです。

同機構がこれまでの探査で分かっていた茨城県沖の地下構造と、
余震の発生領域を比較した結果、余震の発生領域の南限が
フィリピン海プレートの北東端に一致していることが判明。

同プレートの北東端が、地殻破壊の房総半島沖への南下を
食い止めたとみています。

日本列島の太平洋沖合では、東日本をのせた北米プレートに
太平洋プレートが沈み込む一方、西日本をのせたユーラシア
プレートにフィリピン海プレートが沈み込んでいます。

しかし、関東地方では地殻構造が複雑で、北米プレートの下に
フィリピン海プレートと太平洋プレートが沈み込む3重構造。

茨城県沖は太平洋プレートの上にのるプレートが、北米プレート
からフィリピン海プレートに代わる場所にあたっています。

同機構の小平秀一上席研究員は「東海地震や南海地震の発生に
かかわるフィリピン海プレートへの巨大地震の影響を評価して
いきたい」と話しています。
              (2011年3月24日読売新聞)

私は日本周辺のプレートの図を見ていたら、、茨城県にある地震の神様
を祭っている鹿島神宮のことを思い出しました。

鹿島神宮と、プレートの話は、長くなるので次回に書くことにします。


                                 フタバくん
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思かれたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/03/24 17:29】 | 東日本大震災と原発問題1 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<放射性物質は、チェルノブイリ原発の20-50%(オーストリアの研究所) | ホーム | 桜便り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kazekaze08.blog64.fc2.com/tb.php/479-f979cc39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
フィリピン海プレート
太平洋プレート~フィリピン海プレート~ユーラシアプレート - ヘルプ!太平洋プレート~フィリピン海プレート~ユーラシアプレート ? 2011-03-22 23:39:54 | 緊急. 東北を中心に、北米プレートとの境界線に沿って余震は続いている。 中部地方の新潟・長野・山梨・静岡を?... 災害復旧 対策 震災復興 地震被害【2011/03/24 16:05】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。