スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
1000本のうちわを持って被災地へ(39)ー50本のうちわを持って「宝来館」へ
さて、9月11日に地震から半年を迎えるためか、テレビでは、今週に入ってから毎日
のように東北大震災の被災地での復興の様子や、当時の津波の様子などの映像を
流しています。

昨夜は、NHKで「学び舎ふたたび~大槌小学校の6か月~」と題した大槌町の子供
たちを通して少しずつ歩みだす人々の姿を放映していました。
ただし、こちらは途中で北海道・日高町の地震ニュース速報が入って報道が切り替わり
放映が中止になり、後日に再放送されることになりました。

また、今朝は、毎日放送の「朝ズバッ」で、鵜住居の根浜海岸にある旅館「宝来館」の
お上さんたちが津波に遭遇した時の様子を映像で流していました。

テレビに映し出されるどの風景も、実際に私たちがその大地に立って眺めた風景です。
少しずつ復興していく姿を眺めては、感慨もひとしおです。

さて、今日からは「1000本のうちわを持って被災地へ」は、3日目の午後に訪れた
地域のことを書いていきます。

釜石市にある甲子子育て支援センターから、再び、大槌町地域へと入った私たちは、
午後からは「うちわ配布」のために動きまわりました。

訪れた先は、釜石市鵜住居の根浜海岸にある旅館「宝来館」と大槌町の吉里吉里
地区の吉祥寺、そして、吉里吉里小学校避難所です。

どこも訪れた先には涙の出るような様々な話がありますが、まずは、今朝のテレビ
でも紹介された鵜住居の根浜海岸にある旅館「宝来館」の話から書いていきたいと
思います。

20110907-4

以下の映像は、「宝来館」の番頭の伊藤さんが避難した「宝来宿」の裏山から撮影
した映像です。テレビから写した画像なので写りは悪いですが、どうぞ、ご覧ください。

20110907-1

左端下に、「宝来館」のお上さんが従業員の皆さんに避難を呼びかけて
走りまわっている姿が写っています。
皆さんの向こうに見える松林の手前の」道路にご注目ください。

20110907-3

ほんの数秒後には、津波が押し寄せてきて旅館の前の道路には津波と一緒に
車が流されていく様子が写っています。
それでも、まだ、状況がよく呑み込めなくてゆっくり歩いている人もいます。

20110907-2

一瞬にして津波は彼らを襲い、この時に歩いていた人たち全員を飲み込んで
しまったのです。
でも、お上さんも含めてここに写っている方たち全員、瓦礫などにつかまって
奇跡的に助かったのです。

20110907-5

私たちが訪れた7月27日の「宝来館」です。
この「宝来館」の後ろに見えているのが番頭さんの佐藤さんはじめ、皆さんが
逃げた裏山です。

20110907-6

津波は、「宝来館」の前の道路をへだてた松林の向こうの海から一気に
襲ってきたのです。

                                     フタバくん
「ライフスタイルブログ」ランキングに参加中。おもしろかった役立ったと思われたら「ライフスタイルブログマーク」を1クリックお願いします。→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

【2011/09/08 11:42】 | 1000本のうちわを持って被災地へ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<1000本のうちわを持って被災地へ(40)ー「津軽てんでんこ」の教えを守った子供たち | ホーム | 1000本のうちわを持って被災地へ(38)ーアメリカでも被災地の母子受け入れ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://kazekaze08.blog64.fc2.com/tb.php/620-2d05647b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。